Happy Halloween


ハロウインについての素朴な質問

ハロウインって本当は何なの?
って質問されてすぐ答えられる人って、そんなにいないと思う。
私はカボチャやかかしが出て来るからハロウインって収穫祭と思っていた。

じゃあ、お化けは何?
どうして子供が仮装して夕方近所のおうちにお菓子をもらいに行くの?
みんな、ハッキリ答えられる?
答えられないよね!

というわけで、まずはハロウインとは何なのか?という事についてのお話です。




 HALLOWEENって何?

     日本のお盆と同じで過去に亡くなった人々が
11月1日の万聖節に甦ってきます。
     その前夜祭10月31日がハロウインです。


                         




 HALLOWEENの起源

10月31日は古代ケルト民族の夏の終わりの日。
夏の収穫をお祝いし、これからの秋の収穫のための悪霊を追い出すお祭りでした。
紀元前5世紀のアイルランドに住む古代ケルト民族の風習が
HALLOWEENの起源です。

     
      
   




アイルランドの伝説

10月31日の夜、死人が魔女・幽霊・黒猫となり地上に舞戻ってくる。
だからみんなお化けになるんだ。
やがて、このアイルランドの古代ケルト民族の風習が
キリスト教と結びつき翌日の 11月1日の万聖節
(ALL HALLOWS´E´EN DAY)のEVENINGを略してE´ENという事になりました。


 ALL HALLOWS´E´EN(神にささげる夜)
 HALLOWEEN




アイルランドからアメリカへ

このアイルランドの古代ケルト民族の風習が、
やがて仮装といたずらの日になりアイルランド移民達がアメリカへ持ち込みました。
   アメリカではカボチャをくり抜き目、鼻、口をつけた灯篭を飾り
夜には仮装した子供達が、ハロウインの合言葉 
TRICK & TREAT(お菓子をくれなきゃいたずらするよ)と近所を回り
お菓子をもらいに行くようになりました。(ALL HALLOW´S EVE)



 
なんでカボチャなの?

ハロウインの目・鼻・口のついたカボチャ灯篭は
JACK-O´−LANTERNと言います。
このカボチャ灯篭はもともとカブで作っていたんだって!




 何でカボチャ灯篭がJACKさんなの?

カボチャの灯篭はJACKさんの魔除けだったのです。
このJACKという男の人はすごーく悪魔達から嫌われていたらしい。
JACKさんは死後もカブをくり抜いた灯篭の魔除けを持って
天国と地獄の間を行ったり来たりと永遠にさまよっているらしい。
このアイルランドの古代ケルト民族の伝説のカブが
今、アメリカでカボチャになったんだね。