St.Valentine´s Day Story




いったい、いつからバレンタインデーには
女の子から男の子にチョコを渡すようになったのでしょうか?
バレンタインデーは好きな男の子にチョコを渡すのが当たり前だと
最初から思ってたんで今までそんな事考えた事なかった。
アメリカではね、バレンタインデーはちょっと違う。
自分の大切な人にチョコを渡す。
例えば息子からママへとか生徒から先生へとか娘からパパへとか……。
もちろんSWEETHEARTにもね。
今夜バレンタインデーの謎を皆様に教えます。



バレンタインって何?

Saint Valentine´s Day 聖バレンタインの日

バレンタインとは人の名前です。

バレンタインってどんな

時代は西暦3世紀のローマ。
皇帝クラウディウス2世(在位268−270)は
戦争に出たがらない若者達に手を焼いていました。
彼らは自分の家族とか愛する人のもとを離れたくなかったのです。
そこで皇帝クラウディウス2世は結婚を禁止してしまいました。

イタリア中部の町インテラムナ(現在のテラモ)の
キリスト教司祭バレンチノ(英語読みではバレンタイン)は
かわいそうな若者達を内緒で結婚させていました。
それを知った皇帝クラウディウス2世はキリスト教司祭バレンチノに
罪を認めさせローマ宗教に改宗させようとしました。
それを拒否したキリスト教司祭バレンチノは投獄され
西暦270年2月14日に処刑されてしまったのです。




バレンタインの起源



ローマではルベルカーリア(豊穣の神ルベルクスのため)と言うお祭りが
何百年もの間行われていました。
毎年2月14日の夕方になると
未婚女性の名前が書かれた紙が壷にいれられました。
そして祭りが始まる15日の朝、
男性達がその紙を引いて祭りの間もしくは1年間
その娘とお付き合いをする事になるのです。
そして翌年になるとまた同じように再びくじ引きをするのです。
このお祭りで風紀がみだれてしまい496年教皇ゲラシウス一世は
何百年もの間行われていたルベルカーリア祭を禁止してしまいました。
そして違った方法のくじ引きをはじめたのです。

その
くじ引きとは女性の変わりに聖人の名前を引かせ
1年間その聖人の人生に習った生き方をするように励ましたものでありました。
そしてキリスト教司祭聖バレンチノを新しい行事の守護聖人としたのです。

そして次第に恋人達贈り物やカードを交換するようになったのです。




バレンタインカードの始まり



キリスト教司祭聖バレンチノ
は獄中でも神の愛を語りました。
ある看守に目の不自由な娘がいてバレンチノは彼女のために祈りました。
奇跡的に彼女は目が見えるようになるのですが
これをきっかけにバレンチノは処刑されてしまうのです。
処刑される前にバレンチノは「あなたのバレンチノより」と
書いた手紙を
娘に残しました。




そのうち若い男性が自分の好きな女性に愛の手紙を出すようになり
しばらくすると手紙がカードに変わって行きました。
現在では男女ともお互いがバレンタインにカードを出すようになりました。
アメリカではクリスマスカードの次に多く交換されているとか。



バレンタインカードに何て書く?



FROM YOUR VALENTINE
あなたのバレンタインより
BE MY VALENTINE
私のバレンタインになって




どうしてチョコレートをあげるの?



女の子が男の子にチョコレートを贈るのは日本独自の習慣です。
欧米では友達とか家族にカード・花・お菓子を贈ります。
1958年東京都内のデパートで開かれた
バレンタインセールで
チョコレート業者が行ったキャンペーンが始まりだそうです。
今ではチョコレートが
バレンタイの象徴になってしまっています。

クリスマスもそうですがキリスト教になじみの薄い日本では
本来の意味を忘れて利用されがちです。

自分の命を捧げて神の愛を伝えたバレンチノ
今年のバレンタインデーはそんな彼の事を思い出してください。