WORLD DANCE&MUSIC LIVE
(HAWAII/TAHITI/AFRICA/NATIVE AMERICAN)
世界5ケ国のスピリチュアルな歌と踊りをお見せします

2008年6月29日(日)
アルファンブラ

 R。D。CONGO LOKITO アフロ三味線
富士松WOUASSI
アフリカ人初の新内三味線名取り

LEIALOHA
HAWAII・TAHITI・AFRICA

VOYAGE PRODUCTION
HAWAII・NATIVE AMERICAN

 MC & USA COUNTRY 
DICKY 北農





一部

 HAWAII・TAHITI・NAITIVE AMERICAN

〜OPENING〜
HAWAII

KAHIKO(古典)

    

オープニングはほら貝の音色と共にOLI 
ALOHAのお祈りからスタートし
ハワイの昔の神にささげられる踊りを披露

  





USA

COUNTRY

   
   
MCはカントリーシンガーDICKY北農

NAITIVE AMERICAN 
EAGLE

  


NAITIVE AMERICAN 
HOOP

   
 
HOOPはアメリカインディアンの物だった。
20本のHOOPを使って地球、花、鳥を作る。



NAITIVE AMERICAN 
手話

 
GO MY SON
私の息子よ、行け
この歌は超素晴らしい

来年のワールドダンスではLEIもインディアンの手話を覚えて
ステージに立つ事になった。





TAHITI
AFALOA & APALIMA
 


ここ1年間で定番になってしまった
HE ITI VAIHI & IORANA MARUGARITA





二部 AFRICA
アルファンブラ西日暮里店で初めてのアフリカンショー


〜OPENING〜
CONGO BAND LOKITO SHOW〜



今日のLOKITOは気合が入ってミュージシャンが6人

なんとダンサー3人も!
 
LOKITO スペシャルバージョンだよ
 
MENUE

 DOUAME
 MUTWASHI
 LINGONGOLO
 YAYO
 PENDE MA POTPOT
 MOKANDA

LOKITOのミュージシャン
  

 
上の4人がLOKITOの純メンバーです。
下段の二人はヒップホップのバンドからのスペシャルゲスト




 LINGONGOLO
昔のアフリカの結婚式シーン
あれ?いつもの結婚式の歌が変わっちゃった。
おまけに新郎まで変わってる。

あれれ?結婚式のやり方まで今日突然変わっちゃった。
私はステージに上がるまでこの事を知らなかった。
ダンスアフリカンスタイルだなー!




アフリカンダンス体験
   
お客様にアフリカンダンスを体験していただくコーナー

PENDE MA POTPOT
LEI のおしりくるくるダンスからカマラのダンスにスィッチ。
この人の踊りはトラディショナルではないけれど
かなりかっこいい。さすがプロって感じ

    






AFRO 三味線
富士松WOUASSI
アフリカ人初の新内三味線名取り


カメルーン
から来たワッシーさんは
日本の三味線の音色と独特のリズムに興味を持ち

新内の第一人者である富士松菊三郎氏に師事。
2002年に新内三味線の名取り、富士松
ワッシーとなりました。




FINARE

フィナーレはLOKITOとワッシーの三味線とパーカッションのセッション
たぶんこのスタイルはもう見れないだろうな。
今日お見えになったお客様はラッキーです。

 
こちらが踊る舞台監督、清水さんです。
こう見えてもこの方は本当はとても素晴らしいお仕事をして来た方なんですよ。

今日は2008年6月29日

明日でリタイアーなさるそうです。
これからは時間のある限り、きっと私達の応援をしてくださるでしょう。
清水さん、お疲れ様でした。

LEIの日本語が通じたみたいで後ろで
LOKITOが大きなファンファーッレを清水さんに送ってくれました。
 
後はもう出演者もお客様も一体化。
踊れ踊れ!
  
    
  




バンザーイ!無事、終了
  

アルファンブラ・ライブは2007年からスタートして丁度1年です。
今日で4回目を迎えました。
今回はVOYAGEもしっかり練習してくれたり
LOKITOもパーカッションにラップを入れたりして
ショーのバージョンアップをしてくれたり
たまたまTVで見て1年がかりで見つけたワッシーさん
〜LEIのライブに出演していただけますか?〜
と、おそるおそるたずねてみたら
〜いいよ〜
こころよくOKしていただきましてありがとうございました。
LEIALOHA LIVE はまだ一年。
まだスタートしたばかりですが、
これからも皆様に楽しんでいただけるように頑張ります。

ショーの 問い合わせ&申し込み

03−3635−7561

メールでのお問い合わせ

※仕事以外のお問い合わせはは御遠慮下さい